北軽井沢スウィートグラスのツリーハウス、トントゥとノア|フォレストワークス北軽井沢のアート建築・ツリーハウスビルダー稲垣 豊のファンタジックな世界

ForestWorks ツリーハウスビルダーYUTAKA INAGAKI

北軽井沢スウィートグラスのトントゥとノア

【ツリーハウス トントゥ】
フィンランド語で森の妖精や小人という意味。
本格的にツリーハウスとして制作した第一号の作品。

外観も室内もおとぎの国で遊んでいるような雰囲気に。周りの自然になじむように極力直線を避け、ゆるやかなラインを出す事にこだわりました。
そのため柱や梁、手すりなどの木材をあちこちの伐採現場から運び集め、各部のイメージに合う木を選び出して組み上げました。

80メートルの吊り橋上の樹上回廊を森林の木漏れ日を浴びながら進んだ先には・・
ノアの箱舟をイメージした森に浮かぶツリーハウスが現れます。

看板の下には小型ヨットがぶら下がり、舵輪を握って船長気分に。てっぺんにの鐘つき堂でマリンベルを鳴らすことも。
風が強いときは軋み音を響かせ、ほんとうに海に浮かんでいる感覚に。

森に溶け込む曲線の黒板。子供たちが自由に遊べる空間になっている。